たかがパン粉、されどパン粉なお話。

坂本 亘弘 
先日、僕の門外漢であるウキのお話をしたわけですが、個人的に「釣りの話」って好き嫌いのジャンルにこだわらず、面白いことは全部好きなんですね。
それで、ウキのお話の時に「実はね〜、パン粉もこだわっとるよね」と言う事をお聞きしました。
そこで今回は、パン粉、そしてまきえについてのお話を伺いました。
(余談ですが、今回のお話で、なんとなくですが、「松岡スタイル」がなぜ受けているのかが、少しだけですが、わかった気がします。)
それでは、私なりの勝手な解釈も含めながらどうぞ。
さて、この「エサ・マキエ」のお話の前に、先にお話ししておかなければならないのが、松岡氏はユーザーさんと共に釣りに行き、現場でレクチャーしたりすることが、非常に多いと言うことなんです。
ここも、松岡スタイルの一因となってる点に注目です。
当然、数名のアングラーの方を連れて行かれるわけですが、出来ることなら同じように、みんなに沢山釣って欲しい。しかし、実際には差が出ます。
中でも「釣れない」人の多くに、実は、「エサ取り」の猛攻で、エサ取りの下のタナにクロがいるのにエサが届かない、と言うことが、多々あったそうです。
そこで、マキエについて、考えたそうです。
「魚を寄せる」上で、マキエは非常に重要なのですが、マキエをすることで、多くの場合、同時に「エサ取り」も寄せてしまいます。
そこで、実際にエサ取りを釣ってお腹を開けた所、多くの場合、「集魚材」を食べていることがわかったそうです。
ムギはほとんどの場合、口にしていない。(口の大きさに関係があるのか?)
次に釣ったクロを同じように開けてみると、「ムギ」そして「パン粉」であると言うこと。
(集魚材もあるにはあったそうですが、 エサ取りが食べずに本命が食べている点に 注目です。)
と言うことは、クロに対しては、「集魚材」を使わなくても良いのではないか?
と言う発想が浮かんだそうです。
そこで、実際にマキエの基本である、「ムギとパン粉」のみで試して見たところ、予想通り、エサ取りを最小限に抑えつつも、釣果を落とすこともなかった。
そして、そのツアーでは全員が、ほぼ同じ釣果を得ることができるようになった。
以来、余程のことがない限りは、パン粉+ムギの、シンプルなマキエのみで結果を出されているそうです。
さて、そのパン粉ですが、最初は適当(?)に、買っていたそうなんですが、ある日買ったパン粉に「違い」を感じたそうです。
「ばらけ方、堅さ、飛距離、なんだかしっくりくる。」
それまで何の気なしに使っていたパン粉と違い、明らかに、「良い」。
以来、このパン粉を必ず使い、ムギ、海水とのバランスで、ベストなマキエを使っておられるそうです。
ここで一つ、間違って欲しくないのは「だから集魚剤はいらない」ではないと言う事。
水温低下や、突然の状況変化、その場所の傾向等で集魚剤が効くことは、やはりあります。
決して「必要ない」ものではなく、釣果を上げる上でも効果的なことは多々あります。
この松岡スタイルで、何が重要かと言うと、「ベース(基本)となる部分のレベルを上げる」こと。

集魚剤を混ぜれば混ぜるほど、その瞬間に、「本当に効いたエサ、集魚剤」は何か?は当然わかりにくくなります。
一度、基本に戻り、一つずつ見直していくことで、何が効いて、何が必要で、そうでないか・・・。
その基本がしっかりした上で、集魚剤を使うもよし、シンプルに混ぜないものテクニックだと。

松岡ウキでもそうですが、「ベース部分の底上げ」が根底にある。
必要最低限だが、その最低限のレベルを上げ、本当の意味で使いこなせば奥の深さは底知れず深い。
それが受けている気がしました。
今回、少々お話が長くなりましたが、僕も似たような「シンプル」さが好きなアングラーとして、(少しですが)理解した気がします。
さて、ここで、一つお店からもご案内です。
前述の「パン粉」ですが、現在店頭に置いています。
話の真偽は一旦置いて(いや、本当でしょうけど)、試しに扱ってみることにしました。
その効果、違いの判断は使った方に先入観を持たずに判断していただきたい。
出来ればその結果も教えていただきたい。

よろしければ、お試しください。
また、面白いお話が聞けたらこちらに上げてみたいと思います。
 
 (*ブログから転載