防波堤から本気でクロを楽しむ
 一般的に「クロ」(メジナ)は磯から狙う事が多いと思いますし、やはり磯から釣る方が何より気持ち良い。大自然の中に身を委ね、潮を読み、微妙な駆け引きに弄ばれる。その中で掛けた一匹は、何事にも変えられないほどの至福の瞬間でもあると思います。
 もちろん防波堤からも釣れないことはありませんが、多くの場合、「コッパグロ」と呼ばれる小型がメインであったり、磯が時化て、仕方なく・・・と言う場合がほとんどではないでしょうか?(一部、離島の波止などは、違ってくると思います。)
 
 そんな中、「そりゃ磯からのクロが良いけど、行けないときは防波堤に行くし、防波堤でも狙い方次第で面白い釣り(大型も狙える)が出来るとバイ。やり方はあるけどな・・・」とニヤリと笑みをこぼしながらお話ししてくれたのは「釣GIN」の松岡秀吉氏でした。
 もうご存知の方も多いと思いますが、松岡氏はウキブランド「釣GIN」の代表者であり、何よりクロ・チヌを釣ることに於いてはその情熱、人生のすべてを注いだと言っても過言ではないほどのクロ狂い。そんな氏のお話は、経験の豊富さや知らなかった領域のお話が次々と投げかけられ、クロ釣りをしない私でさえ、グイグイと引き込まれていきます。そんな門外漢の私が今回、松岡氏のお話を届けるとともに、実践を見て、体験してみました。よろしければ、おつきあい下さい。

 さて、「防波堤からのクロ釣り」において、最大の「キモ」は「クロのいる目の前まで仕掛けを運ぶ」事と、如何に違和感なく、食い込ませられるか、と、松岡氏は語ります。クロのいるところに・・・と言うのは、至極当たり前のことですが、その「当たり前のこと」が難しいのが身近なエリアだったりします。大体に於いて、身近な波止の近くでは小型も来ますが大型となると、そうそう接岸することもありません。そこで、沖合を攻めるわけですが、一般的なフカセ用のウキだと重量が軽く、飛ばない。かといってオモリ(とばしウキ等)を大きく(重く)し、ウキも合わせると、「フカセ釣り」特有の自然さを失ってしまう。これらの事が、クロへの「違和感」として伝わり、食い込みに至らない。松岡氏は同じ事を「磯」で、感じたことからウキの制作に入った。その中で生まれたのが「松岡ウキ」でした。
 つまり、本来「実績のない磯に乗った時でも、結果を出すためのウキ」が松岡ウキなのですが、これは同時に波止でも同じ結果をもたらすポテンシャルも持ち合わせました。それではその松岡ウキについてお話ししてみたいと思います。

 さて、その松岡ウキがもたらせたものは、磯や波止のクロ釣りに於いて、それまで届かなかったエリアへの超遠投釣法、状況に応じて限界ギリギリの浮力設定を可能にする画期的システム。その結果、今まで手の届かなかったエリアでも、違和感なく食い込ませ、微細なアタリを取ることが可能になりました。その松岡ウキとは一体どんなウキでしょうか?
 まず、一番の特徴は、「オモリを入れるスペースがある」と言うこと。そのため、そのときの状況に合わせた浮力調整が可能になります。調整次第では、「浮くのか沈むのかわからないほどのゼロの浮力」すらも可能になります。調整用の鉛を見ていただければわかると思いますが、非常に小さい。そのため、調整がやや面倒な部分もありますが、これをしっかり調整することで、松岡ウキのパフォーマンスは最大限に発揮されます。さらに松岡ウキには数種類のサイズがあるので、それらのウキのサイズ(重量)、浮力の組み合わせは無限大となり、その時々のフィールドの条件(潮流、風、水深、塩分濃度等)にベストな選択をアングラーの手により行えます。あくまでも、「ウキそのもの」に浮力調整用の鉛がインサートされるために、潮の影響を受けて流れる仕掛けは出来る限りの「自然に漂うような動き」・・いわゆるフカセの最大の特徴もスポイルすることなく、遠方のポイントに届けることが可能となりました。しかも、浮力を最大限に抑えることで、違和感なく、食い込ませられる。これらの要素が重なって、クロへとたどり着けるわけです。
 と言う事で、無理を承知で実釣をお願いしました。事前情報なしの一発本番5時間勝負。しかも、メジャーな波止です。そこで私は納得させられました。
 
 まず、ウキの浮力が話に出てきたとおり、「沈む?一応浮いてる?」ほどのギリギリの浮力です。しかも、重い。重いので、キャストは風があろうが非常に楽です。悪条件化でもクロの目の前にエサを届けることは可能です。しかし、最初はウキが非常に見難く(浮き沈みするので)、どちらかと言うと、ロッドとラインでアタリを取って合わせる・・・と言う感じでしたが、徐々に「ウキの違和感」に気づくようになりました。また、出来ればラインは張らない方がクロへの違和感を与えないためにも良い・・・とのことです。ちなみに松岡氏はベールを開けて、ラインをフリーにしてメインはウキでアタリを取り、同時にラインの変化を見ながらアタリを取っておられました。私も慣れてくると、見にくく感じていたウキのアタリも、徐々にわかってきました。浮き沈みするウキのテンポが崩れる感じと言うか・・・。松岡氏いわく、「この時点で合わせても無理。そのままラインを張らずに待てば食い込んで、ウキが消えるかロッドに来る」。実際にやっていただくと、説明しながら3投ほどでなんと、良型を上げられました。「釣れるやろ?」と。
 同行されていた方のウキも最初私が「ウキが良く浮いていて、見やすくていいな。」と、思っていたのですが、松岡氏が「鉛ぶち込んで調整するけん」。と言われ、調整しながら様子を見ている間に2枚の両型を獲られました。「浮き過ぎやけん!浮力が強いとクロが違和感持って離すばい!調整が大事なと。」と。なるほど、その通り。ウキは私たちの見やすさに合わせるのではなく、海に、魚に合わせるものだと。
 防波堤から沖の潮目や潮当たりの沈み瀬を見て、「あそこまで届けば釣れるのでは?」と思うアングラーの方は少なくないと思います。飛ばすために大きめのオモリにウキを付けたけど、やはりフカセとはちょっと違ってしまう・・・と感じた方も多いと思います。そういう方にこそ、一度お試しいただきたい。きっと今までの波止が違った波止に感じられるのでは無いでしょうか?全く初めての釣りに新鮮さと楽しさを感じた5時間でした。 
 
  1. 仕掛けをセットしたら頭部のゴム栓を抜いてガン玉を目一杯詰め込みます。当然この状態だとウキは沈みます。
  2. ガン玉を1つずつ抜いてギリギリの浮力でウキが浮いている状態をつくります。
    (この状態でガン玉を1個入れるとウキはゆっくり沈みます。沈め釣りの場合この状態で使用します。)
  3. 浮力調節完了!
 レジャーフィッシング九州より転載です。
松岡ウキTOPページへ