松岡ウキは1996年、「釣り師 松岡秀吉氏」の実践の中より生まれた。
 松岡氏は25歳の時にクロ釣りに開眼し、以来クロ一筋30年以上の経験を積んできた釣り師である。
 大分県南をホームグランドとし、その経験、実践の中で、本当に欲しいウキ、使いたいウキを制作したのが始まりである。 まさにフィールドから生まれた逸品である。
 さて、その松岡ウキの特徴であるが、すべてハンドメイド、手作業による製作である。
 材質は木を使うが、ベースとなる「木」には当然こだわりが詰まっている。
 「年輪が小さいと、浮き全体の浮力の偏りが起こるので、大きな年輪の木を選ぶ」と言う松岡氏の言葉にはスペックではわからない経験と拘りが詰まっている。
 その木をベースに成型し、作り上げるのだが、まず、仕上がりが美しい。
 しかし、見た目だけであれば、他にも多数、あるのであるが、最大の特徴は、「すべてのウキが浮力(重量)調整可能」と言う事だ。
 そのため、ウキのサイズと重量、浮力の組み合わせは無限大となり、渡ったフィールドの条件に最もベストな選択をアングラーの手により行える。
 極めていけば、その日のその時間帯の潮、風、塩分濃度、水深に完璧に合わせた調整が可能になると言う事だ。
 松岡氏は言う。
 「A級の磯で釣れるのは当たり前だが、B級の磯でA級の釣果を出すために人が探らない、探れないポイントを攻めるために考えて製作した。」
 そのB級の磯でも、動かない潮の中でも、人が攻めきれない潮筋を通し、結果につなげる、そのための重要なアイテムが松岡ウキである。
 果たして、その拘りは、96年シマノジャパンカップ地区優勝と言う形で、衝撃的デビューを飾る。 以後、広告もない状態で、ただ口コミにより広がっていったのが松岡ウキなのである。

 
商品のご紹介
松岡ウキには5種類のサイズがあります。
RXSZ
ISO Limited
RXM
810 Special
RXL
ISO Limited
RX38 RX40  

これらのサイズを取り揃えています。
カラーも数種類ありますが、すべてがハンドメイドのため、安定供給、受注が不可能です。お手数ですが店頭・メール等でご確認ください。
ニューバージョン誕生!

松岡ウキ通販可能
リンク先のページより商品・注文要項をご確認してご注文下さい。

 


インターネットエクスプローラの方はこちらをご覧ください。

松岡ウキの使い方 大村湾 編 動画配信開始しました。

釣GINウキの特徴
浮力調整システム 
松岡ウキの最大の特徴である浮力調整システムをここでご紹介します。
松岡ウキのトップ部分には、専用のシンカーを入れる穴が開いています。ここに専用のシンカーを入れて浮力を調整します。
浮力はその時の潮の流れ、速さ、塩分濃度により刻々と変わります。その状況に合わせてウキのサイズを浮力を調整することで、浮力や流れに消されていたアタリさえも取ることが可能となります。
 
  1. 仕掛けをセットしたら頭部のゴム栓を抜いてガン玉を目一杯詰め込みます。当然この状態だとウキは沈みます。
  2. ガン玉を1つずつ抜いてギリギリの浮力でウキが浮いている状態をつくります。
    (この状態でガン玉を1個入れるとウキはゆっくり沈みます。沈め釣りの場合この状態で使用します。)
  3. 浮力調節完了!

 実釣レクチャー致します!
釣GIN・松岡氏と松岡ウキで釣ろう!
 くまがい釣具で松岡ウキをお買い上げのお客様へ。
 
松岡ウキには使い方に特徴があります。
 このウキを十分に使いこなしていただくために、お客様のご都合が合えば、実釣にて使い方のノウハウ等を、特別にレクチャー致します。
なお、実釣フィールドは若松方面の波止となります。
 また、大分方面へのグレ釣りツアーも行っております。
 お気軽にお尋ね下さい!
 あなたも「松岡ウキ」をマスターしませんか?!

 松岡ウキ コラム

関連記事ブログ、レジャーフィッシング九州より掲載分です。
1: 松岡ウキ
2: エサ編!たかがパン粉、されどパン粉なお話
3: 実践編!防波堤から本気でクロを楽しむ